So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

外壁塗装前のサイディングボード下地劣化診断 [塗料雑学]

サイディングボード下地の劣化調査で、まず目につくのがシーリングの劣化です。
シーリングの打ち替えは10年前後が理想です。
シーリングの劣化は、美観を損なうだけで無く、防水性の劣化も進行しています。
IMG_2479.JPG


次にひび割れ(クラック)の発生です。
ボードを止めているビス、釘の緩み、地震などによる挙動や熱膨張等で、ひび割れ(クラック)が発生します。
クラックスケール等を用いて診断します。0.2㎜以下のものはヘアークラックと呼ばれ、外部用のパテで補修後上塗りを施す程度で問題ありません。
0.2㎜以上のものはシーリング材等を充てんする必要があります。また、ひび割れが大きくなるとボード自体の交換が必要な場合もあります。
IMG_2449.JPG


次は、塗膜の劣化です。
一番代表的なものはチョーキングと呼ばれるもので、手で触ると白く手に劣化塗膜が付いてくる現象です。
チョーキングは、紫外線、雨、風、熱や最近では酸性雨の影響で塗膜表面の樹脂分が劣化し、着色顔料がチョークの粉の様に表面に露出した状態を言います。
IMG_2453.JPG


それから、建物の北面など日当たりの悪い面に視られる、苔・藻も塗膜の劣化です。
苔や藻は、既存塗膜の撥水性・防水性が失われ、長時間雨水などの水分が塗膜に滞留することで発生します。
P4280307.JPG

チョーキング、苔や藻が発生していると言うことは、既存塗膜の保護機能が失われていると考えられます。


外壁塗装前のサイディングボード下地の劣化診断では、この様な項目の調査を行います。
新築から7年~10年以上経過した建物は、一度プロの劣化診断を受けてみてはいかがでしょうか?
最近は、どこの塗装店も劣化診断は無料で行っているみたいです。



Instagram→http://instagram.com/ptechcompany よかったら一度のぞいてみて下さい。


お手数ですが、↓のどれか一つを〝ポチッ〟と押して応援してください。m(_ _)m



にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ   にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ   にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ



リフォーム・建築 ブログランキングへ


nice!(20)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 1

KAN

ma2ma2さん
ありささん
いっぷくさん
tomi_tomiさん
たかおじーさん
kiyokiyoさん
宮崎ほぐし屋さん
コミックンさん
xml_xslさん
nandenkandenさん
(。・_・。)2kさん
tsunさん
剛力ラブさん
ミラジョボチッチさん
ennkakasyuさん
myossyさん
たあさんさん
nice!ありがとうございます。


by KAN (2016-09-07 09:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。